高田織物

坂本織物

畳縁 真田紐

​「畳縁」は畳を彩るアクセントです。畳を摩耗から守る・隙間を“しめる”という本来の目的とは別に、数年前からハンドメイドの素材としても注目を集めています。クラシカル柄・モダン柄等豊富な種類からお選びください。また、小銭入れやベルト・ポーチ・祝儀袋など、オリジナル商品も多数揃っています。

​戦国武将の真田昌幸・幸村親子が考案したとも伝わる「真田紐」。伸びにくく丈夫なので、古くは甲冑を身につける時や刀の下げ緒に使われていました。児島の繊維業の発祥とも言われる真田紐を『もっと身近に知って使ってもらいたい』という熱い思いから現代の暮らしと調和した商品が生み出されています。